48dfb0e6.jpg















映画の話 …「シックス・センス」のような霊的な映画は観ないようにしている。
ホラーなんて絶対観ない。
理由は、怖いからだ。
その世界にのめり込むと、生活に影響してくるから。
映画なんだから、作り物だから、そんな風に割り切れない。
現に、自分の目で何か見えてしまう人は、この手の映画は観れないと思う。

10代の頃、エクソシストを映画館で観た。
あの衝撃はやばかった。
1週間寝れなくなった。
今でもあの映画音楽を聴くと、思考停止になる。
そうしないと引っ張られるからだ。
ホラーというか、オカルトの世界は御免だ。

先日、ある方に「ゆりさんでも幽霊怖いんですか?」と驚かれた。
いや、それ普通に避けたいでしょ。

亡くなった人が挨拶に来て、それを感じたり見たりすることはあるけど、
会話は成り立たないんですよ。
直前の場合、あちらも混乱してるので、こちらにどんな風に交信できるのか
わからないんです。
勉強不足なんでしょうね。
だから、やたら自己主張してくるので、その加減のなさが怖いのです。
だから幽霊が怖くかんじるんですね。


亡くなった方も、あちらに行って数ヶ月経てば、いくらか学んでくるので
会話が成り立つ時もあります。
私はこちらの人間なので、あちらの世界のことは教えてもらったことしか、
わからないんですね。
景色とか仕組みとか、それもその人の位によって違うので、
こちらとは世界が違うと思います。


ここ数日、情報を検索するために霊的な映画を調べていたので、
毎晩見る夢は、あちらの世界とこちらの交差する居心地の悪いものです。
体の調子も悪くなり、不眠症に拍車がかかる。
でも、そのリスクも背負うからこそ、チャネリングもできるのかもしれません。

逆に、幽体離脱を試みたりするのも、私なりのリハビリです。
宇宙に飛ぶことができると、もはやこの3次元からは離れるので、
気持ちは楽になるんですよ。


まあ、私が霊能者にならないのはそんな理由です。
所詮、生きてる人間とそうじゃない人間とでは、エネルギーが違うのですから、
あまり交わらない方がいいのでしょうね。
私も、ここにはそれに関しては書きません。
必要ないからです。