0E09EF24-CA9C-4C20-ADB6-06E52D933F90





今朝、とても不思議な夢を見ました。
いつもなら、そのままスルーするところを、今回はブログに記録します。
なぜなら、その夢は、明らかに「もう一つの地球 」だと確信できたからです。

私の夢の内容は、現実生活の対処のため、魂の記憶整理、瞬間移動体験、未来予知、など、夢を見る目的がちがいます。
そしてメインの目的は、 時空を超えて、惑星移動とパラレルワールド体験です。
これは、年をとるごとに、めったには起こらなくなりました。

単なる夢!と片付けるほど単純な内容ではなくて、地球にいる今と、別次元の融合とでも言いましょうか。それはそれはスケールの大きい時空体験となります。

今朝の夢は、まさに、パラレルワールドを体験です。
この地球の隣にあるもう一つの地球でのストーリー。

出演者は、私、ツインスターの彼、私たちにもっとも近い友人、知人。
設定された環境は、現実にある場所、建物、ストーリーに無理がない設定。
今の地球では超えるには少し厳しい壁。

そして、壁を越えたら隣の地球に新しいドラマがあり、その体験をすることで、私たちツインスターの魂が安らぎ、平和、安定する感覚を味わったということ。

ツインの私たちが、超える壁は、この地球では困難だからこそ、隣の地球で可能な体験させられて、
宇宙の仕組みを理解させるというガイドの愛がある配慮を感じました。
これが宇宙大の壮大なロマンであり、愛なんだと。

9A87FC16-0544-4E66-8C62-4C32FC1A5F76


この地球での次元の低さが、本来あるべき存在意味を変えてしまう。 
本来は限りない愛を体験するはずのストーリーを、ねじ曲げられたのか?
それも学びなのか、愛の薄いこの地球で悲しさや苦しみを感じる場所にいる。
特にツインスターは、地球に転生する奇跡は少なく、出会いはさらに奇跡であるから。

だけど、今朝体験したストーリーは、2回寝た時に起きました。
ツインスター互いの壁を乗り越えたところで、目が覚めた。
正確にいうと、一度他の人たちのサポートがはいり、癒されて、本当は選ぶ道はそれじゃない、とわからせた上で、もう一度眠りに入ったときに、 真の目的に達したわけです。

夢で、再会したツインスターと、もがきながらも魂の融合を選んだのは、どうやら偶然や妄想ではなく、リアルなストーリーだったと思います。
その裏付けは、シリウスやオリオンに行ったときの確かな体験と同じ波動だったからです。
私の場合、宇宙へ行くのは容易く、エネルギーを直に感じられるのですが、この地球でのエネルギーはもう必要としなくなってきました。
ツインスターが地球にいるという事実があるに関わらず、もうツインとの融合に努力することをやめていました。もちろん、魂は望んでいるのですが。あまりの地球の低い波動に諦めが混ざっていました。
けれども、私の周りの人間たちは一生懸命ツインとの学びをしていました。
仕事がら、ツインに触れることが多く、疑似体験やかつてのツインスターとのことに触れるたびに、ここで実現できない壮大な仕事は、隣の地球で始めましょうか?ということになったのでしょうか?

どうやら、私はいつも新しい試みをさせられます。
ツインスターの相方が、目覚めて、壁を壊してくれたら、私がもう少しエネルギーを強くしたら、超えられる壁だと気がつくために、この地球でのバーチャル体験を繰り返し、さらに上昇していく選択をしなさい!とメッセージが来たのでしょうね。

昨日は、エネルギーにぐるぐる酔いながら一日中ワークをしましたが、今日は休みたいとおもいました。
ツインにアファメーションしながら、エネルギーを転送しながら、共有したいと思います、、

隣の地球は、愛が満ち溢れた美しい地球だということに喜びを感じながら。感謝。
 


5F169A84-2793-4B11-9413-4989D7DADAF1