9759d54f.jpg

その気になる画像を見つつ


今日は紀伊國屋書店に立ち寄って英語参考書に関する本をたくさん購入してきた。
まったくこの年になって英語をやり直すとは。
何だか種類がありすぎて選ぶのに迷ったけど。
要は基本的文法のやり直し(忘れてしまった)のと、単語と、発音と…。
結局英語全部できないわけだ。

文法は勉強すれば読み書きできるようになるけど、問題はヒアリングとスピーキングだな。
先日もある人と会話したら、ヒアリングがまったく聞き取れなくて???理解力30%くらいだった。
会話にならないんだから。
がっかりよ。

それにしても本を読んでると、かつての英語教育と明らかに違う内容に驚いた。
頭を日本語から英語脳に変えてしまうことが大切。
日本の英語教育なんて失敗だよ。
会話ができないんだからさ。


前に海外に何ヵ月か滞在したときには脳が英語脳になっていたのかな?
今よりはましだった。
日本にいたら、英語使わないもんなあ。
オリンピックもあるし。
これから日本も変わるかな?


さて、英語参考書は読み物としてもかなり面白い。
まずは、「今度こそ!これならできる英語術」という
本をみていました。
結構、英語苦手意識の人には向いている本だった。
古い英語教育しか知らないから、目から鱗状態だった。

小学生も3年から英語の授業あるらしいね。
遅いよ。
もう幼稚園からやろう!
私でさえ、カトリック系幼稚園だったからシスターに英語教えられたよ。
まったく覚えていないけどね。

よし、頑張ってみる。

中年からの英語。
果たして私はペラペラになれるでしょうか?
楽しみだあ。