1bc1553e.jpg



寒いのは季節だけのせいじゃなく、この世界は悲哀に溢れている。
ニュースを見てると、希望が闇に覆われてしまいそうになる。
住みたいと思っていた場所が、性犯罪で大変なことになっていると知り、
本当にがっかりした。
女性が一人で歩けないような治安の悪さでは、もはや住めないだろう。
どうか平和な世の中になってほしい。
一体、世界はどこへ向かっているのだろうか。


縁があって日本に生まれて、私たちは恵まれていると思うかもしれません。
しかし、この日本も貧富の差が激しく。
ブラック企業で働いて過酷な生活を強いられている人もいることを知ってほしい。
現に私がその体験をしたのだから。
月々10万で働いている人、1000万で働いている人。
どうしてこんなに所得が違うんだろう。
この国はおかしい。
自分だけいい暮らしをすればいいの?
違うんだよ。
自分だけ生活できればいいわけではない。
同じ日本に住んでいて、自分さえよければ、なんて通用しないのです。
私たちは皆繋がっているのですから。
あなたがいい思いをして毎日楽しんでいて、隣の人が餓死しているとしたら。
それは本当の幸せだろうか?
幸せなはずがない。
そのことに気がつかない今の日本人はおかしい。

だから、自分の幸せを考える時は他人の幸せも考えてください。
あなたは、この宇宙でたった一人で生きているのではないのですから。
必ず誰かの支えがあって生きているのです。
それを忘れてはいけない。
裕福な家に生まれても、貧困な家に生まれても、人間に上下なんてないのです。
お金がある人はない人に分配するのです。
それを人間がしないからこの世界はおかしくなってきたんだ。
皆同じだってことに気が付いたら奪う必要も、差別もなくなるのです。
人から略奪するのではなく、与えてみてください。
きっと世界が変わりますよ。
毎日通帳を眺めて、残高が増えることに喜びを感じている人
老後のことばかり心配してお金に執着している人。
結局、そんなあなたもお金があるから幸せになるわけではないのです。
必ず誰かのお世話になるんですよ。
もし、どんなにお金があっても何も手に入らないとしたら、それはただの紙くずです。
最後に残るのはお金ではありません。
大金にしがみつく人は対価交換で何かを失っているものです。
失わないためにはお金というエネルギーをよくまみれの
物質ではなく愛に変えてください。

日本人が愛を思い出して、もっと人に優しくなるように。