9322bf61.jpg




波動が高い生活を試みる。
何かに併合するのではなく、自分の中から湧き上がらせて空中に放るような動作から
生まれてくる。

ヨガをやってる方ならわかると思いますが、チャクラを開発するために
「クンダリニー・エネルギー」を使ってエネルギーを尾てい骨から体の中を上昇させる
やりかたをする場合があります。
初心者には危険なのでおススメしませんが。

実は、私は6才の頃にクンダリニー・エネルギーを意識してコントロールしていました。
それは大変な作業でした。
肉体と精神がバランスとれないんです。
6才の子どもが体内に潜む暴れ回るヘビを手馴らすなんてできませんから。
クンダリニーのエネルギーは、地球内部から湧き上がってきて第1チャクラからはいり、体の中心を螺旋状に上がっていきます。
子どものメンタルでは身がもたないんですね。
自分の身体に何が起きているのか誰にも相談できませんでしたが、背後に見守ってくれる存在はいました。
その存在が私にエネルギーのコントロール方法を誘導してくれていたのかもしれません。
兎に角、私は危なっかしい子どもでした。


クンダリニーのエネルギーが第7チャクラを超えて宇宙に飛んでいくときに、
いつも宇宙に放りだされるような状態になっていたんですね。
当然肉体はダメージ受けていました。
それがあとあとボロボロになる原因だったのかもしれません。


もし、本気で修行でもしていたら私はもうこの世にいなかったでしょう。
地球にいる場所が見当たらないからです。
山に籠るか、ジャングルに住むか、誰にも見つからないように生きるしかないです。
だから、本当に神がかっている人間がいるとしたらその人は生きるのが苦しいでしょう。

エネルギーをコントロール、封印していきるしかないことを知り、ひっそり暮らしている
かもしれません。
その巨大なエネルギーは人類のために使っても余りあるものです。
これまでに歴史に名を残した神がかった、あるいは神と呼ばれた人間は、
とてつもないエネルギーに身も心も委ねていたのでしょうね。
だから、そういう人は見ればわかるはずです。
内なるエネルギーをしたためていますから。
そんな人がいたらエネルギーを感じ取ってください。

何を言いたいか、わかってもらえるとおもいますが、皆さんが求めている
「人間を超えた超人」は、この俗世界には住みづらいということ。
もし目の前に現れた時には、歴史が変わる瞬間に出逢えるかもしれませんね。

ちょっと不思議なメッセージですが、これからの人類が超えなければならない場面に
現れる人間を見のがさないように。
特に若い人たち。
あなたたちは人類が変化していく時代の証人になるでしょうね。
このブログをみている人の中に若い世代がいたらいいなあと思いながら、
メッセージを書いておきます。

あなたの悩みはあなた一人の問題ではなく、人類が直面する問題です。
だから一人で悩みそこに没頭しないでください。

いじめ、勉強、家族、自分のコンプレックス、将来の希望、
たくさんの悩みが押し寄せているかもしれない。
だけど、それはあなただけの問題ではないのです。
押しつぶされないで!
そして、大人たちもそこから逃げないでください。
一緒に人類の未来を見据えて生きていきましょう。