088C8F69-B0CC-4539-82C0-9750627287CD





昨日は、友人とアスペルガーについて、話をして散々盛り上がった。
勉強にもなるし、自覚症状の点検をすることで、他人分析もできる。
私たちは、ハードな人生を生きてきたから、人間というものにとても敏感だ。 
特に友人は、人の観察がずば抜けていて、話しをしていると楽しい。
共感性が強すぎて気の毒になるが、私もHSPなので他人の言葉に傷つきながら
生きてきた。それをわかってくれる敏感さを持つ人が大好きでたまらない。
だから、空気を読まない人といると、カサンドラ症候群になる。
そのストレスを語り合う仲間はあまりいない。
皆、大変なストレスにさらされながら耐えている。
他人のことだから、話題にはできない。

職場、家庭でカサンドラ症候群になっている人がたくさんいる。
よく相談もされる。
はっきり言うと、どうもできない。
諦めよう。
未知の世界からやってきた異星人ぐらいの感覚で対応するか、スルーするしかない。仕方ないのだ。脳の構造が違うのか、話が噛み合わない。
だから、それを客観的に分析できる人に合うと、神様から贈り物をいただいたくらいに嬉しい。


D42F2C09-D2E5-4544-AE41-801A704E5E08


友人との会話は面白い。
昨日は、びっくりドンキーでの話。

食後、さりげなく互いにメニューをみていたことに気づいた。
そのメニューの見方が全く違っていたのだ。

私は、ひたすら写真から情報を得ていた。
友人は、商品名を分析していた。
そこから話が盛り上がる。
いつだってわたし達は、ネタにする。

ちなみに私は、看板や絵やマークなどを何回も見るタイプ。
文字よりも、色彩や形から入る。
友人は、言葉の意味を分析していく。
私にしてみると、何回も絵を確認する行為は負担で疲れる。
時には認識が違うから勘違いした記憶になり、さらに疲れる。
逆にそれが豊かな想像や発想につながり、人間をみるときのバリエーションにもなる。
偏見を超えて受け入れるのは得意だ。
でも、感性がずれて、会話が噛み合わない発達系は私からみれば、
狂気の世界だ。
こちらの脳が混乱するから不快感しかない。危険さえ感じる。

私のぶっ飛び感を楽しめる友人は、天才だ。
互いに尊重できるからだろう。
否定しない人といると楽だと思う。

ネガで否定の強い人は苦手だ。
メニューひとつで話題にして、互いを認めていく会話が楽しい。

至って私たちは、ポジな性格だ。
あんなに地獄を見てきたのに、見てきたからこそのポジだ。
私をネガだと思って助言してくる人は、まだまだ勉強が足りない。
わざとネガぶっていることを見破るまで10年かかっても気づかないらしい。
修行足りませんね。
友人は、得意の共感性で私を理解しているのかもしれない。
笑笑。