07862FAD-3845-4941-A7C7-71B35042DF11


この写真好きなんです。



日本人は、龍神のエネルギーを持つ者が多い。

神事は、気をつけて行うべき。

優れた能力者でなければ扱わない方が無難とも言える。

控えめに謙虚な心で。

メッセージがきていました。

どういうことでしょうか?

CD992EC9-0BE9-4673-B3AC-F1E659814CDE


めったに神社に行かないのですが、
お参りするときは、龍神に呼ばれているからでしょうかね?
私が好まなくても、何かしらやるべきことがある時に足が向きます。

あまり神社に行かないのは、あの場所は私の領域ではないからです。
厳密に言えば、大いに関わっていたのですが、私自身が龍使いではないから遠慮しているのです。
人様の家に勝手に出入りできないという感覚です。

神社に行き、池があればそこに呼ばれます。
挨拶をしなければならないし、石碑があれば手を合わせてきます。
光の道が開かれ、天にはくるくる回る龍がいる。


なんでもそうですが、パワーが強い存在には必ず理由があります。

ヨハネの黙示録には、人間を奴隷化する赤い龍と呼ばれるサ◯ンが現れます。
神の命を受け、御使(天使)が竜と戦います。
神においては、一撃で勝負はつきますが。
私が黙示録で読んでいた箇所が、まさに御使と竜の戦う場面でした。
聖書の竜と、日本人の信奉している龍は違います。
ただ、龍には種類がありますので、どうかたぶらかされないように。

龍神という名に誘導される人間は、その龍が何なのかを知らずにパワーに委ねている姿は、
ある意味怖いのですけどね。

私の知る龍は、銀河系最強と言われてきた部類にはいります。
たまに、その龍の化身みたいな人間がいて、私にちょっかいかけてきますが、
一切取り合わないようにしています。
龍に詳しいチャネラーさんは、やはり安易な気持ちで近付くのは間違いだとも話しているようです。

 
久しぶりに、青葉神社に行きたくなりました。
意識の中には、笑う龍がいますね。
ブログに書いたから、つながりましたか。