DB5FED70-ED4E-4102-9605-A6B9E48DE032





私は創造主(宇宙全体の意識)によって創られた粒子の集合体。
自由でどこにでも移動できる。
破壊されることはない。

サ◯◯、奴らは固体。
グレーからブラックに変化する重くて堅い、鉛のような固体。
封じ込まれる運命。
破壊消滅もある。
自由意志は叶わない。

創造主から愛されていない。
彼らは敵を作ることで存在できる。
愛という言葉を操り、人をたぶらかし、利用してきた。


17F3EB47-D08C-4C35-B509-31583C9DCA88

昨日一日、個人セッションを開催しましたら、
いつも思いますが、眷属が集まります。
90%同じ性質が似ているタイプの方もいたり、共に進化の真っ最中から、創造主との間に高次元を挟んでメッセージをお届けしたり、3次元の生き方をアドバイスさせてもらったり。
それらは表面的なことで、実は本質は宇宙を運営する存在の育成だったりする。

そして、彼女らは、悪と戦える光の戦士だった。
誰一人、表舞台でエゴを見せつけずに、馬鹿な言動はせずに、愚かな闇を演じない。
なぜなら、かつて闇と戦わずに星を滅ぼされた体験をもつから。
愛を語る者は魂の遍歴を見ればそれが相応しいかどうかがわかる。

その痛みを忘れることはできず、他者を攻撃することを躊躇う。
それゆえ、翼がない天使のようになってしまった。
地球は、翼を持つサ◯◯が蔓延る世界だ。
闇をつくる者たちの場所に転生した理由を思い出してほしい。

愛を知らずに、自己主張を繰り返す哀れな闇ども。
そろそろ、終末にさしかかり、裁かれて終わるのも時間の問題。
だから、傷ついてきた愛の戦士は動き出した。

私たちに挑む愚かな破壊者を冷めた目で見ているのが現状だということ。
一貫性のない言葉を使うことで、闇だとバレている。
そして奴らは
真似る。
盗みとることを恥じない。

嘘だから、バレる。
闇に惑わされている哀れな人間もどきにもみえる。
本当の闇は姿を現さないから。
半キリストは、最後に現れる。
これからが本番。
表舞台にいるのは、雑魚なのだろう。
その雑魚に利用される魔民もいる。

私たちは、それらを見破る訓練を受けて今に至る。
神の目を持つ。
ーそれは、光と闇、天と地を知る者。




いずれ、正体は明らかになる。

その実験をしてきた、昨日の方々だった。

妄想を疑わないことは恥だから。