B50D118E-0497-4822-AFCB-145F8EAF1941






チャネリング実践がうまくはかどっているので、この際面倒なものは、捨てようと思いました。
まず、長年ふりまわされたソウルメイトという言葉。
そして、存在。
ツインがあるかないか?を聞かれたら、どっちとも取れず。
解釈次第だと答えることにします。
現に私にも、それらしき存在がいたけど、面倒なので、切ってもいいかな?と考えていました。
前世から今世に至り、長い長いご縁を積んできた存在なので、切ることはできないのも知っている。
放置すればいいのでしょう。

私の性格上、迷わせる存在を消したいと思うので、仮にも縁が深いので、脳内から消してはいけないかな?と迷っていました。

そこはガイドが動くのですね。
既に周りからツイン関連を削除して、面倒案件には触れずにいこう、と実践していました。
すると、さすがにガイドが動きましたね。
意識の中に、プラトンを送り込んできました。



私、プラトン好きでね。
あまりわかっていないけど、大学の講義でプラトンが一番好きでした。
レポートをガンガン書いた記憶あり。

プラトンって、スピリチュアル思想に影響を与えています。
あの哲学からツインとか幻の大陸とか、容易に引っ張れるから、関連を調べてみたくなりました。

哲学者の真意はわからないけど、うまくスピリチュアル側で当てはめたかもしれない。
スピリチュアルもある意味宗教みたいなものだからね、資料は必要だしね。


スピリチュアルは、洗脳されたら、やばいからなあ。
思い込み、妄想、あるあるです。

命取られるくらい何でも信じて迷走する人もいるし。
それが、魔、サ◯◯の正体かな。

ツインとか、なんかいらないわ!と最近話をすることも増え、解放感を味わっていた。
どうせ、うまくいかないなら、何も悩む必要ないわけで。
地球だけでなんとかしようなんて、無理よ。
まあ、諸説あり、でいいでしょう。
見えないものを語るのは、絶対はないので。

宇宙では、ツインって何かと便利なアイテムなんだろうね。
人間に孤独感、消失感、不足を埋めるにはもう一人の自分がいた方がいいわけ。
神が悪を作ったように、自分を知るために自分のコピーを知る。
私は、既にツインは卒業していますが、スピリチュアル整理をして哲学するには
もう一度原点に帰るのもいいね。

プラトンの勉強をしながら、共通があればスピリチュアルをみつけだしてみようかな。
新たな発見があるかもしれないし。
私のコピーがどこかにいたら、奇妙な体験してみたい。
それは、ツインではないよ。
ツインは、自分とは違うから、そこに融合する手間はいらない。
既に御使の手を借りて、ツインと融合してみたけど、別にどうでもいいかな。

私は私なんで。